読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ったみかんは俺かお前か?(旅と写真の記録)

世の中腐っている。いや私か?私が腐っているのか?え?お前か?お前が腐っているのか?どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

死ぬかもしれない事を私は知っている。すると人間関係がうまくいかない。

怠惰な日々

ちょっと気になる記事を見つけたのよ。

www.kk3marketer.com

死を正しく認識する?っていうのはちょっとよくわからない。

死んだことがないので。

 

しかし、死ぬということが身近にあることは私は知っている。

 

世の中の普通は私にとって普通ではない。

※ここでいう普通は死なないという前提で生きていることを普通だと考えることを指します。

 

まさか!そんな!信じられない!こんなことで!?

人間はあっさりと死んでしまう。

昨日は元気でも何かで今日死ぬかもしれない。

 

camelstation.hatenablog.com

 こんなことになるなんて。

 

は、当たり前のように毎日起こる。

私は恐怖に襲われPTSDにも苦しんだ。

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である[1]。症状がまだ1か月を経ていないものは急性ストレス障害である。

心的外傷(トラウマ)には事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心的外傷がある。

治療では、精神療法においては認知行動療法EMDR、ストレス管理法である[2]。成人のPTSDにおける薬物療法はSSRI系の抗うつ薬であるが、中等度以上のうつ病が併存しているか、精神療法が成果を上げないあるいは利用できない場合の選択肢である[3]。日本および国際的なガイドラインにおいて、ベンゾジアゼピン系の薬剤の効果は疑問視されている

そんな経験もあり、死ぬことが身近に感じている。

もしかしたら僕だったかもしれない。

 

特別な人間というワケではないが、「人間が死ぬ」ということを理解している。

 

僕は彼の分も生きることを勝手に誓った。

 

周りが就職だとか、内定が決まったと言ってるときに僕は捜索隊の一員として山に入って死体を探し回っていた。

この話はまた今度にする。今でも心臓が締め付けられる。

今でも考える。

あのときどうすればよかったのか。判断は間違っていなったのか。

なにをしていたのか。

 

山の遭難のニュースを見ればすぐにわかる。

あの山か。とか、どういう状況なんだろうとか。

どれほど危険でそれほど心細いか。

 

イメージはかなり湧く。

 

でも、世間では違うようだ。

ニュースの話は笑い話に。

遠くの話でも近くの話でも自分には関係ないと言い切ってしまう。

災害や事故でも「悲惨だね」で終わる。

 

僕は「生きているのが奇跡」だと思うのでいつも仕事でもプライベートも本気だ。

1日は重要だ。昨日より今日、今日より明日も大事。毎日がかなり大事だ。

だって明日死ぬかもしれないのだから。

でも普通はそうではないらしい。明日も明後日も死なないし、ずっと死なない。

老後を考えている。

 

やりたいことを先延ばしにする考えが私にはない。

好きなことを好きなだけできるのに、やらないのが当たり前。

社会人だから。家族を持っているから。お金が必要だから。

 

いろいろやるとバカにされる。

一人旅もバカにされる。

 

会社が一番大事で、仕事が一番大事らしい。

もちろん大事だけど、一番ではない。

仕事のためにやりたいことができないなんて信じられないからすぐに「なんで?」となってしまうし、なんで仕事以外にしてない人にそんなことを言われるのだ?となる。

 

仕事だけじゃないとは思うけど、なんで人を否定するのか。。。

 

そんなことをしている暇はないと思うのだけど・・。

私はなにかに挑戦するなら支援するし、褒めるし応援する。

それが仕事に関係がなくても。行動することはそれだけで大事だと思う。

 

逆に何もしないということが信じられなくて仕方がない。

何もしないというか、今はしないというか、、、

もともとの考えだと思う。明日がある。先がある。

死なないことが前提なのだから当たり前か。

 

だから死ぬことが近くにいない。

死なないのだから、死ぬことに興味がないのだろう。

 

その気持ちが強く感じたのがまもなく訪れる3月11日の震災だ。

みんな震災の話はすごくしてたし、騒いでいた。

でも、「自分には関係がない」といつも同じ日常を送っている。

うまく表現できないけど、生きてるのが当たり前なので、今日も生きて仕事してるのが当たり前で、それ以外は関係がなくて、その先もきっと当たり前に生きてるので、別に「なにか残そう」とも思わないし、「やりたいことをやろう」ということもなく、毎日毎日を何かよくわからない歯車のように動いているように私には見える。

 

いやいやいやいやいやいやいや。

普通の状態ではない。日本は普通ではなかった。

ニュースで見て、気仙沼市が燃えている映像をみて本気で怖くて震えて泣いた。

 

 

連日死者のニュースであふれているのに、普段と同じように生活をしていて、休みの日はデートだったり旅行だったり、世間ではまったく関係がないらしい。 

 

もう僕は逆に意味がわからなくて。

誰も何もしてなくて。

会社も震災のためだとかいって節電したり、寄付を募ったり。

よくよく聞くと震災のためになんて何もなってなくて、利益を伸ばす口実みたいな状態だった。アホか

でも、みんな賛同してて本当にワケがわからない。

 

そんな中で私はすっとんでいってしまった。

だって、もしかしたら明日死ぬかもしれないんだぜ?

誰かが死ぬかもしれないんだぜ?

 

camelstation.hatenablog.com 

camelstation.hatenablog.com

 

行ったら行ったで会社にもどってきたら変人扱いだ。

ひどいさまだった。

よっぽど復興に貢献したような気はするのだけど。。。

 

いろんな人の話を聞いて、悔しい気持ちのまま行ってしまった人の分まで生きようってやっぱり思うワケ。

あの場所には夢も希望も、家族も仲間もたくさんいたんだ。

一瞬で世界は変わってしまった。

 

壮絶な怖さだ。明日にもそうなるかもしれない。

僕は常に思っている。

だから何ができるのか探している。

老後にやっても仕方がない。

 

今なんだ。

 

今こそ気になることは全部やっておくべきなんだ。

後悔する気はないんだから。

「生き急いでる30代」と呼ばれるのは僕だ。

本気でそうなのだ。

私は生き急いでいる。

人間は死ぬ。

それが今日なのか明日なのかわからないが、

僕たちの残った命のはあまりにも不安定な分しか残されていないのだから。

 

 

 

文章まとまってませんが、今度整理するのでこのままあげちゃう。

おやすみなさい(全員無視

【2月のブログ報告するよ】いろいろあったような何もなかった2月でした。

ブログ運営

2月。

 

バレンタインデーのある月。

 

いったい僕は何をして、何を見て、何を考えていたのだろう。

 

写真とともに振り返っていきたいと思います。

 

❖目次:2月はこんなことがありました。

焼肉をおごれと罵られました

1月に私は「おたふく風邪」にかかり、1週間ほど休むことになってしまいました。

長い期間お休みをもらいました。

その結果うちのかわいい後輩たちに

「焼肉をおごってくれるんですよね!イエェェー!!」

とサンシャイン池崎バリのテンションで毎回言われるようになり、

部長からは「滝に打たれてるからじゃないの?」と毎回のように言われるようになり、

休みの間、会社は全然大丈夫じゃなくて、見事に私の仕事だけがそのままで様々な迷惑をかけていただよ。相手先に。

ただ思ったのは「同僚たちには何も迷惑をかけてはいなかった」ということだった。

※何もしていない

にもかかわらず、私は焼肉をおごることになっていることに憤りを感じながらも、一番の年長者なので、精一杯の抵抗を社員全員が登録しているライングループに投入した。

それがこちらだ。

f:id:camelstation:20170303094557j:plain

言いにくいことはすべてイラスト屋のイラスト化で精いっぱいの抵抗を僕はしていた。

ちなみにこちらは「明後日の焼肉をおごるのは嫌だ」を返還した結果だ。

 

 

返ってきたみんなの言葉は

「ごちそうさまです」でした。

 

そうして書いた記事がこちら。

 

camelstation.hatenablog.com

 本当におたふく風邪は怖いと思った。

子供ができなくなるなんてもう本当に嫌だ。

その途中の行為でいい

30代には厳しい病気だった。いろんな意味で死ぬかと思ったし、息子たちが死ぬかと思った。

 

そして尊敬するイラスト屋さんの記事 

camelstation.hatenablog.com

書いてて思った。

みんなブログタイトルがなかなかの秀逸だ。

長い、短い、単語、文章、意味不明。いっぱいあるけど、すべてにおいて何かブログタイトルがあっての文章に見えてくる。

 

ちなみに焼肉おごりたくないので前日にも投下した。

f:id:camelstation:20170303095219j:plain

 ちなみにこれは「明日の焼肉を絶対におごりたくない」と送り付けた必死の抵抗だった。

 

みんなからの結果は

 

「明日ご馳走様です。よろしくお願いします」

 

 

だった。

 

 

おたふく風邪のネタをいつまでも言われる故に、サービス業では取得しにくい有給についてもネタにされる毎日だった。

有給は使えない。有給を使ったんだからその分働け。いいなぁー私も有給使いたいなー。などだ。

部長からは「本来の有給の使い方は病気の時に使うで、いい機会だったな。」

とか言い始めたので、有給っていったいなんなんだ?って調べた記事がこちらだ。

 

camelstation.hatenablog.com

有給は労働者の権利であり、働くことを義務にしている中で権利を主張しなければならいというジャンヌダルクのような逆境を戦わなくてはならないことと、

政府がGDPを0.01%UPを目論むために、有給で休んで旅行でもしてお金を使うんだ国民たちを!!というよくわからん制度だということがわかった。

あと上司は労働基準法にあたらないという衝撃の事実もわかった。

私の上司は労働者ではなく、使用者なのだ。有給を使うというのは一揆するようなもんなのだろう。

 

ブログのPVはこんな感じでした 

普通はさ。たぶんね。普通はブログのしはじめとか、運営して?(そもそもブログって運営なのか?)は結構「今月は〇〇アクセスでした」とかやっちゃって、で1年くらいしたら「もう運営報告はおわります」みたいな流れだと思うのよね。

 

ええ。

 

ブログはじめて1年たったくらいでブログ報告をするようになったのは私くらいなのではないだろうか・・・?

 

そうなんですよね。意外と重要だと思ったわけ。

ブログの報告っていうか、ひと月のまとめ記事。いったい一か月の間何してたかわからないし、分析っておもしろい。自分分析ほどおもしろいものはないのではないだろうか。

自分自分。なんでも自分。自分主義。自分好き。自分自分。一人。ずっと一人。ずっと友達。みんな友達。友達。ずっと友達。ずっと友達いない。ずっと友達いない。さなぎなの?僕はさなぎなの。いつか蝶になる。いつか長になる。いつか超になる。いつか腸になる。なにかが産まれる。今月は充電中。ずっと充電中。今月は充電中。来年まで充電中。本気だす。いつか本気だす。本気を出せばできる。本気を出せばできる。ずっと充電中。いざというとき充電中。いざというときはない。充電中。さなぎ。くさなぎ。くさなぎホモ説。何か生まれる。何も生まれない。信じてる。それでも君を信じてる。

 

アバババ・・・危ない危ない。ッハァー!

気を失いかけた。自分を見失うところだったわ。

 

よし。まとめよう。

 

2月のアクセスは48,820アクセスでした。

1か月で1アクセスだった記事はこちらです。

camelstation.hatenablog.com

個人的にはこういう記事がメインな気もします。

ラフな感じ。ブログはストレス発散の一つになりえるのだ。

そういえばこの間、人と人とがぶつかって

ぶつかられた人が

「あぶないやろ!!」

って言ったら

「お前にぶつかるために歩いてんちゃうわ!」

ってとんでもない返しをして逆ギレしている40代の人がいてたなぁー。

ストレス社会の果てなのかな?

自分のことしか考えてなかったのかなぁー。

 

アクセス多かった記事はこちら

camelstation.hatenablog.com

はじめてサバイバルゲームに行った記事。

でも、お店は去年閉店してしまった。悲しいすぎる。唯一参加できる場所だったのに・・・・・。

今読み返しても結構おもしろい。体験記事やしね。当たって砕けるものね。

 

趣味の記事

camelstation.hatenablog.com

やはりいつでも趣味に悩む年代なのよね。

いったい何をすればいいのか?

30代になったら悩むのよね。

20代はもうお金使って遊ぶくらいじゃない?経験値とかもう何も考えてない。

みんなで集まってワーワーするのが趣味みたいなところあるやん?

みんなで集まってワーワー。

みんなで集まってワーワー。

みんないない。集まらない。ワーワーするとき私は孤独。

遠くでワーワーみんなでワーワーしてるのみてるの孤独で辛い。

一人で楽しむ趣味って大事だと思うのよね。

 

あとはこの記事。すごく気に入っている。

 

camelstation.hatenablog.com

 相当悩んで書いた記事。

レビュー記事にしようと思ってた。

みんな滝業はこんなんだったよー!!チャレンジしてみなよーっていう記事の予定だったのに、真実を伝えたくなったのでこうなった。

すぐ泣くさんも書いてるので見てほしい。

私のことを「元上司」という表現がされていて吹いた。

なんか本当に申し訳ございません。

sugunaku.hatenablog.com

 

 

他に何があったの2月?

今更だけど、ツイッターをめっちゃしようと意識してつぶやいてみた。

そしたら結構おもしろい。

 

何も反応がないけど、つぶやくってそういうことだ。

独り言をみんな発信する独り言の強化版。

 

 

城崎温泉に行ってきたのよね。

今書いてる記事は

【電車の中でみんな何やってるの?ランキング】

城崎温泉へ向かう電車が暇すぎたので4両くらい調べたの。

【城崎温泉に行ってきたので話を聞いてほしい】

私という人間を見直したよ。うんうん。

温泉には5分しか入らなかった。何しに行ったんだ?

【城崎マリンパークのここが素晴らしい】

マリンパークのデートコースを紹介したい。めっちゃよかったの。

 

こんな記事を今書いてるんだけどいつ完成するかは未定。

そうしてストック記事がいま100記事くらいたまってるけど最後まで書けない。

途中で飽きるからです。

 

あと、出会ったブロガーの二人と小野さん

 

二人にラブコールをしたのは電車で帰っているときだった。

 

この後、ひどい目にあいました。

 

他はどうだったの?

あぁー!毎日遊んで暮らしたい。

毎日体当たりして生きてたい。

毎日ぶつかり稽古をしていたい。

旅してまわりたい。

アドさんは6野口さん。アマさんは2野口さんだった。

→もう使った。

 

もっと書きたい衝動に駆られる。

3月はイベントもいろいろあるので参加していきたいと思いまっす。

f:id:camelstation:20170303115921p:plain

 

さようなら(しろめ

【フェイスブックからブログに進んだ人へ】おもしろいブログってやはり体験談なのではないか?

考察

はっ( ゚Д゚)

 

気づいたら1年の6分の1が過ぎ去ってしまった。

いったいこの2か月僕は何をやっていたんだ。

 

気づいたらあの人もこの人もブログをはじめていた。

ブログってそんなにいいのか?

ブログってそんなにおもしろいものなのか?

 

2年もやってる私はちょっとは分かっているつもりだ。

 

だからちょっと愚痴りたいので聞いてほしい。

 

 

フェイスブックからブログにきた友人に言いたい

f:id:camelstation:20170303030334j:plain

フェイスブックとは?

フェイスブック社の提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)。もともと米国の学生の交流を目的に開発され、サークルパーティーの募集、就職や趣味など、さまざまな情報交換に利用されている。画像や動画の投稿、ほかの参加者とのメッセージの交換などができるほか、Ajaxに対応し、一般のユーザーが開発したアプリケーションを自由に追加できるのが特徴。当初は大学内のメールアドレスを持つ大学生のみを対象としたサービスだったが、2006年9月からは誰でも利用できるようになった。現在は日本語版も提供されている。

交流を目的としたネットワークサービス。

超べんりだし、連絡をすることもできる。

ネットの電話帳。もしくは安否確認するシステム。(個人の解釈です)

ブログとは?

ブログとは、個人や数人のグループで運営され、投稿された記事を主に時系列に表示する日記的なWebサイトの総称。“weblog”(ウェブログ)とは “web” と “log”(日誌)を一語に綴った造語で、現在では略して “blog” (ブログ)と呼ばれることが多い。

日記的な奴や。

趣味や。

好きなことを書くやつや。(個人の解釈です)

違いは?

両方日記的な奴だけど、いっぱい文字かけるのがブログ

ダラダラ日記したり、思ったことを書いたりする。

ブログっていうか、自分の本を作ってるみたいなイメージ。

 

短い安否情報を記載するのがフェイスブック

あとは自慢するの。

 

ブログ→本音

フェイスブック→知ってる人向けのPR

こんなイメージでしょうか?

コスプレ写真なんてフェイスブックに乗せられない。

 

私の好きなブログ

f:id:camelstation:20170303030404j:plain

ブログっていうのはな!!

 

 

ブログは・・・・

 

 

ブログは・・・・・

 

 

 

 

 

 

ブログは体験談がおもしろい!!

 

結局は事実がおもしろい。

もしかしたら作り話でもおもしろいかもしれない。

 

体験談でも失敗談が一番読んでいておもしろい。

あとは「こう思った」「こんなことをそのとき考えていた」とか、個性あふれる感性が感じられる文章がおもしろい。

※言いたかった表現を見つけました。

blog.asimino.com

ライフヒストリーがおもしろいって話!!

この人は好きな人だぁー! 

 

それなのになんだ!!てめぇらの文章はなんだ!!

 

っていう感じのブログを書いてたのがショックだった。

 

フェイスブックからブログへと進んできたんだろうけど・・・・・

 

 

なんかすごい嫌だった。

なんていうの???

 

やっぱりアホな文章がおもしろい。

気取ったりしないありのままの文章がおもしろいと思うんだよね。

 

全部読んだけどどれも笑うような話もない。なんのために書いてるんだ?っていうぐらいおもしろくなくて・・・・

 

で、何がおもしろくないか考えた。 

あなたは誰なの?

そもそも誰なんですか?

なんでそんな上から目線というか、エッセイの人なの?っていうか?

占い師なの?っていうか?自己啓発の人なの?っていうか?

セミナーの人なの??

どういう流れでそんなことをいうのかわからない。

実績も何もないただの一般人が「私はセミナーの人よ。人生経験はみなさんより豊富よ。私の話を聞きなさい」のスタンスは面白くない。

 

いや、実際にセラピニストだろうが、パーソナルトレーナーだろうが、専門業者だろうが、なんともおもしろくない。

本人は専門なのだろうけど、表現できないくらい「はぁ?」と思ってしまう。

文章って難しい。

なんで「みん」とか「もん」って付けるの?

なんで30越えて40前後の人って自分のことを「〇〇みん」っていうの?

よしみん?さよみん?

え?なんで??なんで「〇〇もん」って自分のことを言うの?わかんない。

まえもん?ふじもん?ふみもん?

なんで?え?なんで?

なんなの?どういう感性なの??

 

ブログの始まり方が

こんにちわw〇〇もんです!

みたいな出だしなの?

 

で、終わり方が

 

〇〇もんでしたぁーww

ってもう場末のバーですか!?

 

あぁー個人的なことばかりいっててすいません。なんか腑に落ちなかったんです。

もう疲れているんだす。僕・・・・。

 

フェイスブックの人達がみんないいね!押す件

フェイスブックの延長のブログはフェイスブックを見る人がそのまま見るので、

はじめてきたひととかは引くよね。

なんかすんごい嫌だった。

同じ人が同じようなコメントをして、周りの人も同じようなコメントをして。

そこにはネガティブなものとか否定的なものもなくて。

なんかネバーランドみたいな気持ち悪い感じだったんだ。

みんなでいいコメントを残す風習がそのままブログに乗ってる感じ。

あぁぁー!!だめだぁー!!わし嫌いやぁー!!

この人嫌いやし、この人たちも嫌いだぁー!!

「ためになりました」とか「いい話ですね。」とか

絶対にないから!!絶対にそんなワケないから。

見る価値ないから!!

 

オチが基本的にない

f:id:camelstation:20170303030256j:plain

オチを求めるほうが間違ってるのもわかってる。

でも期待してしまう。最後にどういうオチが待ち受けているのか・・・

少なくとも最後にオチがあるであろうからおもしろくなくても最後まで読もうって思うんですよね。

 

それで最後はこう締めくくるワケだ。

 

以上、〇〇みんでしたぁー★

 

ギャァァァァァーーーーーー!!

 

 

まとめ

あくまで個人的な意見なので、「お前が読むために書いてるんじゃねぇ」ってのは分かってる。でもなんか嫌だ。

ブロガー(自称)の私から見るとブログって世界が広がるような気がするのよ。

でもフェイスブックとかラインからブログにいろいろ引き連れてきちゃうと、媒体が変わっただけで基本的に何もかわってないような気がするワケ。

 

じゃあそのままでいいじゃん。フェイスブックのままでいいじゃん!

って思ってしまう。

 

そして、なんかもうキャラクターを作るのをやめてほしい!

あんたそんな人じゃないじゃん!!

もっとおもしろい奴やん!!

なに?そのセラピストキャラクター!神様なの?仏なの?

なんなの?すべてを許す感じなの?

全然本人荒れくれモノじゃん!!

 

ブログっていうコスプレをしてるようなもんじゃん!!

本当にマジでやめてほしい。

 

見てて恥ずかしい。

 

おいらはそういうの見てて恥ずかしいし、なんかヤヴェェー!!

だから、どうせブログにするなら0から始めてほしかった。

 

友人、知人まで引き連れてブログにきたらあなたらしさがもう出せないよ。

うん〇とか言えないよ。〇んことか。。

 

とにかくおもしろくなくて私は非常に残念というか、悲しいというか恥ずかしいというかなんかすんごい気持ちが落ちてへこんでます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、うん。コレって僕の姉の話なんで。気にしないでね★

 

おわり(本当の意味で

 

 

勉強しろクソ姉よ。

 

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

 
ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 
働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する

働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する

 

 いや、読まなくていい本もわんさかあるよね。

それよりこっちのほうがいいかもよ

 

ウケる技術

ウケる技術

  • 作者: 水野敬也,小林昌平,山本周嗣
  • 出版社/メーカー: オーエス出版
  • 発売日: 2003/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 22人 クリック: 502回
  • この商品を含むブログ (106件) を見る
 
もっと!  ネコにウケる

もっと! ネコにウケる

 
一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方

一流芸能人がやっている ウケる会話術――場を盛り上げ相手を楽しませる話し方

 
子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス)

子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス)

 
雑学 子どもにウケるたのしいクイズ (WIDE SHINSHO225)

雑学 子どもにウケるたのしいクイズ (WIDE SHINSHO225)

 
お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法

 
ウケる日記

ウケる日記