腐ったみかんは俺かお前か

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐ったみかんは俺かお前か?

世の中腐っている。いや私か?私が腐っているのか?え?お前か?お前が腐っているのか?どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

【お部屋の掃除】自室には秘密があるのだから、誰かに頼むとひどい目にあう話

f:id:camelstation:20160206005206j:plain

今年の目標のひとつに「スタイリッシュな部屋にする」というものがある。

   

生活をする限りスタイリッシュ・・・・かっこよく生きていきたいワケだ。

 

そのためにはスタイリッシュな家具やアイテムが必要と思うそのためにもしっかりと社会の役に立つ仕事を行い、お金を稼がなくてはならない。

 

しかし、スタイリッシュに部屋をするには基礎も大事だと思うワケ。

 

基礎。

 

つまり、いったんさら地にしたいのだよ。

 

キレイにしたい。かたずけたい。

 

年末にできればよかったんだけど、全然できていないのだ。

 

なのでこのタイミングでもうキレイにいるもの、いらないものを姉が来てくれたので、ワケていこうと思う。

 

準備したものがこちら。

 

f:id:camelstation:20160206005230j:plain

 

結構いっぱいあちこちに山積みになっている。

一人暮らしとはそういうものだ。

 

 

信頼する姉さんとワケていく前にとりあえず、よくわからないものを一か所にあつめるところからスタートする。

 

 

f:id:camelstation:20160206005147j:plain

ちらかりすぎだ。

 

 

 なんとか一か所に集めた。もう疲れた。掃除は疲れる。

そして退屈だ。

 

でもスペースができるとうれしいものだ。

 

f:id:camelstation:20160206010327j:plain

まるでゴミの山だ。

いやいやゴミじゃない!みんな大切な私の何かだ。

 

 

これを仕分けていく。

 

仕分けるのは当然私だ。私にしかこの価値はわからないのだから。

 

そうして私がいる、いらないBOXに仕分けている間、姉は私しか入ってはいけない寝室をいつの間にかかたずけはじめたようだ。

 

 

ありがとう。ありがとう姉上さま。

 

やさしい!

 

f:id:camelstation:20160206005405j:plain

 

覗きにいくと、全然かたずけてくれていなかった。

 

 

それどころか・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160206005419j:plain

 

あ、そ、それは・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

30代半ばの弟(私)の部屋から突如現れた女子高生の服に、

 

ただただ姉は黙って冷たい視線を私に投げていました。

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・死にたいくらいに恥ずかしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掃除は途中で終了し、今なお混沌した部屋に住んでいます。

 

 

 

 

おやすみなさい。